そして永遠に堕ちてく

2016年夏に一生住んでたい人間

"自担"という保険

今日、春休みに入って初めて大学のいつめんと飲みに行ってきた🍾

 

この子たちはこの1年で私の気持ち、そしてかけるウェイトが変化したのをきっと1番身近で感じてくれた人たちだと思う。

"最近有岡くんって言葉聞かなくなったよ"

"次のJUMPのコンサートは行くの?"

"顕嵐ちゃんの話題しか聞かなくなったよ"

ジャニーズに全くと言って興味のない2人は

こんな私の話にいつも付き合ってくれる優しい人たちだ。本当に(笑)

 

"もし顕嵐ちゃんがジャニーズ辞めたらどうするの?"

いま1番触れて欲しくない話に触れられた。

きっとヲタクの前だと泣き崩れていただろうな

でもリア友だから泣き崩れることもできなくて私は自分でも驚くくらい冷静に答えた。

"ヲタク辞めちゃうかなぁ〜。でも私には帰れる場所がある。だから有岡くんに案外すんなり戻るかもしれない"

さらっと出たこの言葉にびっくりした(笑)

 

自担って今まで唯一無二の存在だと思ってたそんな概念が崩された2016年夏。

 

私はデビューして10年を迎える彼に良く言えば"安定"を求めているのかもしれない。

だけど悪く言えばそれは"逃げ道"であり"保険"である。

今だってJr.界隈で悲しいこととか辛いことがあるとJUMPに逃げてしまう自分がいる。

 

きっとHey!Say!JUMPはもう私を悲しませたりしない。今までたくさん彼らのために泣いてきた。泣かされたし勝手に泣いた。

でももう悲しい涙は流させないよと言わんばかりに今の彼らは頼もしい存在になってくれた。

そんな彼らを心から誇りに思うと同時にそんな彼を保険にするなんて私はなんてズルいんだって思う。

 

私は白黒はっきりさせたいタイプの性格なのにこの"自担"問題に関してはいつまでたっても解決できない。

 

もし大好きな人が突然自分の目の前からいなくなったらどこにすがればいいのかわからない。

何を思って生きればいいのかすらわからない。

その時私は無意識に彼に助けを求めて自分が住み慣れた現場に戻りたいと思うのかもしれない。

私は今まで彼を支えてきたつもりでいた。

(現実的にそうでないことは十分分かってる)

でも今はそんな彼に何かあったら支えてくれと言っている。

私と彼の関係性もこの10年ですっかり変わったな。と思った友人の一言だった。

 

 

 

2016-2017 冬の終わり

私のJr.担として初めての現場。(笑)

「ジャニーズオールスターズアイランド」が

無事1月24日千秋楽を迎えました?

まず第1に、大きな怪我や病気なく全員で千秋楽を迎えることができて本当に嬉しい!

2ヶ月ってとても長くて、しかも冬で体調崩しやすいのに(私は年明け早々崩した)本当にすごいなって思います??

 

まだ夏を思い出にしたくなくて行くか本当に悩んだ現場。

FC全滅でクレカ枠で当選した時は、もう行くしかないと思って(買い直したけど)2公演だけ入りました?

 

Travis Japanじゃない顕嵐ちゃんを生で見るのは初めてで。

公演始まる前はきっと泣いてしまうんだろうって思ってたのに始まってみると泣いてる暇なんてないくらい顕嵐くんはきらきら〜キララ〜でした??

 

台詞はないし、人と被るし、見失うし(笑)

10年間デビュー組の担当をしてたから、久しぶりに自担を探すって作業に身体がやられました?

台詞はなくても演技して、人と被っても一生懸命踊って歌って、必死に追わなきゃ見えないようなところでも舞台にいることを忘れないでいる顕嵐くんを見てこれからこの人を応援するって決めたことに後悔はないなって思った?

 

トニトニで大階段からユニットごとに階段を降りるところで8人しかいないトラジャを見てやっぱり泣いてしまったよ。

ユニごとにお辞儀をする時にPZ育ちの9人のお辞儀は同じだったよ。私はPZのあのお辞儀が大好きだからすぐ分かったよ。

8人で前に向いてるってことは雑誌のインタビューや彼らの発言からヒシヒシと感じてる。きっと帰ってくる場所は用意してないんだなって分かってる。

それでもついこの前までいた場所に。4年くらいいた場所に、影を探してしまう。

これは当分やめられないな、うん。

 

だけどね、涙を拭いて顕嵐ちゃんを見たらキラッキラな笑顔でね、綺麗なお顔でね、キラキラが舞う中にいたの。

なんでこんなにライトが似合うんだろう、キラキラが似合うんだろうって不思議に思うくらい似合ってたよ。

顕嵐くんはもっと高いところを目指せる人だと思うし、ライトを浴びる側の人だと思うの。

だからこれからもっと高みを目指して欲しいしその姿を応援したいなって思いました。

頑張ってね、頑張ろうね!って。ここ数年忘れていた気持ちを取り戻すことができて嬉しい。

そんな寂しいような清々しいような(笑)そんな気持ちで冬は終わりました。

次はまた春が待ってる。すぐそこだ。